日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

null ユーザにファイルシステム共有へのアクセスを許可します

寄稿者

null セッションクライアントによるストレージシステムリソースへのアクセスを許可するには、 null セッションクライアントに使用するグループを割り当てて null セッションクライアントの IP アドレスを記録し、ストレージシステム上の、 null セッションを使用したデータアクセスを許可するクライアントリストにその IP アドレスを追加します。

手順
  1. IP 修飾子を持つ任意の有効な Windows ユーザに null ユーザをマッピングするには、「 vserver name-mapping create 」コマンドを使用します。

    次のコマンドは、有効なホスト名 google.com で user1 に null ユーザをマッピングします。

    vserver name-mapping create –direction win-unix  -position 1 –pattern “ANONYMOUS LOGON” –replacement user1 – hostname google.com

    次のコマンドは、有効な IP アドレス 10.238.2.54/32 で user1 に null ユーザをマッピングします。

    vserver name-mapping create –direction win-unix  -position 2 –pattern “ANONYMOUS LOGON” –replacement user1 –address 10.238.2.54/32
  2. vserver name-mapping show コマンドを使用して、ネームマッピングを確認します。

    vserver name-mapping show
    
    Vserver:   vs1
    Direction: win-unix
    Position Hostname         IP Address/Mask
    -------- --------         ----------------
    1       -                 10.72.40.83/32      Pattern: anonymous logon
                                              Replacement: user1
  3. null ユーザに Windows メンバーシップを割り当てるには、「 vserver cifs options modify – win-name-for-null-user 」コマンドを使用します。

    このオプションは、 null ユーザに有効なネームマッピングが設定されている場合にのみ使用できます。

    vserver cifs options modify -win-name-for-null-user user1
  4. vserver cifs options show コマンドを使用して、 null ユーザの Windows ユーザまたはグループへのマッピングを確認します。

    vserver cifs options show
    
    Vserver :vs1
    
    Map Null User to Windows User of Group: user1