日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

追加のホームディレクトリの設定

寄稿者

追加のホーム・ディレクトリ構成は '%w ' %d ' および %u 変数を使用して作成できますこれにより ' ニーズに合わせてホーム・ディレクトリ構成をカスタマイズできます

共有名と検索パスで変数と静的文字列の組み合わせを使用して、多数のホームディレクトリの設定を作成できます。次の表に、さまざまなホームディレクトリ設定を作成する例を示します。

「 /vol1/user 」にホームディレクトリが含まれる場合に作成されるパス …​ share コマンド

ユーザを「 /vol1/user/win_username 」に転送する共有パス「 \\vs1_~win_username 」を作成する場合

vserver cifs share create -share-name %w -path %w -share-properties oplocks 、 browsable 、 changenotify 、 homedirectory

ユーザを「 /vol1/user/domain/win_username 」に転送する共有パス「 \\vs1_username' 」を作成します

vserver cifs share create -share-name %w -path %d/%w -share-properties oplocks 、 browsable 、 changenotify 、 homedirectory

ユーザを「 /vol1/user/unix_username 」に転送する共有パス「 \vs1_win_username 」を作成する場合

vserver cifs share create -share-name %w -path %u -share-properties oplocks 、 browsable 、 changenotify 、 homedirectory

ユーザを「 /vol1/user/unix_username 」に転送する共有パス「 \\vs1_username' 」を作成します

vserver cifs share create -share-name %u -path %u -share-properties oplocks 、 browsable 、 changenotify 、 homedirectory