日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

セキュリティポリシージョブの管理に関する考慮事項

寄稿者

セキュリティポリシージョブが存在する場合、特定の状況下では、そのセキュリティポリシーやポリシーに割り当てられたタスクを変更できません。セキュリティポリシーの変更が確実に成功するように、ポリシーを変更できる条件やできない条件を理解しておく必要があります。ポリシーの変更には、ポリシーに割り当てられたタスクの追加、削除、変更と、ポリシーの削除または変更が含まれます。

セキュリティポリシーにジョブが存在し、そのジョブが次の状態の場合、そのポリシーまたはポリシーに割り当てられたタスクは変更できません。

  • ジョブが実行中または実行中です。

  • ジョブが一時停止中の場合

  • ジョブが再開され、実行中の状態になります。

  • ジョブが別のノードへのフェイルオーバーを待機中の場合。

セキュリティポリシーにジョブが存在する場合、次の状況下では、そのセキュリティポリシーまたはポリシーに割り当てられたタスクを正常に変更できます。

  • ポリシージョブが停止されました。

  • ポリシージョブが正常に終了しました。