日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Administrators グループをルートにマッピングします

寄稿者 netapp-ahibbard

環境内のクライアントがすべて CIFS クライアントで、 Storage Virtual Machine ( SVM )がマルチプロトコルストレージシステムとしてセットアップされている場合は、 SVM 上のファイルにアクセスするための root 権限を持つ Windows アカウントが少なくとも 1 つ必要です。 十分なユーザ権限がないため、この SVM を管理できません。

ただし ' ストレージ・システムが NTFS 専用として設定されている場合 '/etc ディレクトリにはファイル・レベルの ACL があり ' この ACL によって 'Administrators グループは ONTAP 構成ファイルにアクセスできます

手順
  1. 権限レベルを advanced に設定します。「 set -privilege advanced 」

  2. 必要に応じて、 Administrators グループをルートにマッピングする CIFS サーバオプションを設定します。

    状況 作業

    管理者グループメンバーをルートにマッピングします

    「 vserver cifs options modify -vserver vserver_name _ is-admin-users-mapped -to-root-enabled true 」 -administrators グループ内のすべてのアカウントは、アカウントを root にマッピングする「 /etc/usermap.cfg 」エントリがない場合でも root とみなされます。Administrators グループに属するアカウントを使用してファイルを作成する場合、 UNIX クライアントからファイルを表示するときに、ファイルはルートによって所有されます。

    Administrators グループメンバーのルートへのマッピングを無効にします

    「 vserver cifs options modify -vserver _vserver_name -is-admin-users-mapped -to-root-enabled false 」 Administrators グループ内の「 Accounts 」がルートにマッピングされなくなりました。ルートへのマッピングは、単一のユーザに対して明示的にのみ実行できます。

  3. オプションが目的の値に設定されていることを確認します。 vserver cifs options show -vserver vserver_name _`

  4. admin 権限レベルに戻ります。「 set -privilege admin 」