日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB メタデータのキャッシングの仕組み

寄稿者

メタデータのキャッシングにより、 SMB 1.0 クライアントでファイル属性をキャッシュして、ファイル属性およびフォルダ属性にすばやくアクセスできるようになります。属性のキャッシュは、共有ごとに有効または無効にすることができます。メタデータのキャッシングが有効な場合は、キャッシュされたエントリの TTL を設定することもできます。クライアントが SMB 2.x または SMB 3.0 で共有に接続している場合は、メタデータキャッシュの設定は必要ありません。

SMB メタデータのキャッシングを有効にすると、パスとファイルの属性データが一定期間保存されます。これにより、一般的なワークロードでの SMB 1.0 クライアントの SMB パフォーマンスを向上させることができます。

特定のタスクでは、 SMB によって大量のトラフィックが作成され、そのトラフィックにはパスとファイルのメタデータに対する複数の同一クエリが含まれることがあります。代わりに、 SMB メタデータのキャッシングを使用してキャッシュから情報を読み込むことで、重複するクエリの数を減らし、 SMB 1.0 クライアントのパフォーマンスを向上させることができます。

注記

メタデータのキャッシングを使用すると、ごくまれに、古い情報が SMB 1.0 クライアントに提供されることがあります。ご使用の環境でこのリスクを回避する必要がある場合は、この機能を有効にしないでください。