日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB 署名の設定に関する推奨事項

寄稿者

SMB クライアントと CIFS サーバの間の SMB 署名の動作は、セキュリティ要件に応じて設定することができます。CIFS サーバでの SMB 署名の設定は、セキュリティ要件の内容によって異なります。

SMB 署名は、クライアントと CIFS サーバのどちらでも設定できます。SMB 署名を設定する際の推奨事項を次に示します。

状況 推奨事項

クライアントとサーバの間の通信のセキュリティを強化する必要がある

クライアントで [ 要求オプション ( 常に署名 )] セキュリティ設定を有効にして、クライアントで SMB 署名を要求します。

特定の Storage Virtual Machine ( SVM )へのすべての SMB トラフィックに署名する

セキュリティ設定で SMB 署名を必須にするように設定して、 CIFS サーバで SMB 署名を必須にします。

Windows クライアントのセキュリティ設定の詳細については、 Microsoft のマニュアルを参照してください。