日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM ディザスタリカバリ構成での SMB サーバセキュリティ設定に関するガイドライン

寄稿者

ID が保持されないディザスタリカバリデスティネーションとして設定された SVM を作成する前に( SnapMirror 構成で「 -identity-preserve 」オプションが false に設定されている)、デスティネーション SVM 上での SMB サーバセキュリティ設定の管理方法を理解しておく必要があります。

  • デフォルト以外の SMB サーバセキュリティ設定はデスティネーションにレプリケートされません。

    デスティネーション SVM 上に SMB サーバを作成した場合、すべての SMB サーバセキュリティ設定はデフォルト値に設定されます。SVM のディザスタリカバリ先を初期化、更新、再同期した場合、ソース上の SMB サーバのセキュリティ設定はデスティネーションにレプリケートされません。

  • デフォルト以外の SMB サーバセキュリティ設定は手動で設定する必要があります。

    ソース SVM 上で SMB サーバセキュリティ設定をデフォルト以外にしている場合、デスティネーションが読み書き可能になったあと( SnapMirror 関係が解除されたあと)にデスティネーション SVM 上で手動で同じ設定を行う必要があります。