日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB 共有プロパティの概要を使用する

寄稿者

SMB 共有のプロパティをカスタマイズすることができます。

使用可能な共有プロパティは次のとおりです。

共有プロパティ 説明

oplock

共有で便宜的ロックを使用することを指定します。これはクライアント側キャッシュとも呼ばれます。

「ブラウズ可能」

Windows クライアントが共有を参照することを許可します。

'howsnapshot

クライアントが Snapshot コピーを表示およびトラバースできることを指定します。

「 ChangeNotify 」

共有が変更通知要求をサポートすることを指定します。SVM 上の共有では、これはデフォルトの初期プロパティです。

「 attributecache 」

属性にすばやくアクセスできるように SMB 共有でのファイル属性のキャッシュを有効にします。デフォルトでは、属性のキャッシュは無効になっています。このプロパティは、 SMB 1.0 経由で共有に接続するクライアントがある場合にのみ有効にしてください。クライアントが SMB 2.x または SMB 3.0 経由で共有に接続している場合、この共有プロパティは適用されません。

「継続的可用性」を参照してください

SMB クライアントが永続的な方法でファイルを開くことを許可します。この方法で開いたファイルは、フェイルオーバーやギブバックなど、システムを停止させるイベントから保護されます。

「 BranchCache 」

共有内のファイルに対する BranchCache ハッシュの要求をクライアントに許可します。このオプションが役立つのは、 CIFS の BranchCache 設定で動作モードとして「共有ごと」を指定した場合だけです。

「 access-based-enumeration 」のように指定します

このプロパティは、この共有で _ アクセスベースの列挙 _ ( ABE )を有効にするように指定します。各ユーザのアクセス権に基づいて ABE フィルタを適用した共有フォルダがユーザに表示され、そのユーザがアクセス権を持たないフォルダやその他の共有リソースは表示されないようにします。

「 namespace-caching 」

このプロパティは、この共有に接続する SMB クライアントが、 CIFS サーバから返されたディレクトリの列挙結果をキャッシュできることを指定します。これにより、パフォーマンスが向上します。デフォルトでは、 SMB 1 のクライアントはディレクトリの列挙結果をキャッシュしません。SMB 2 および SMB 3 クライアントはデフォルトでディレクトリ列挙結果をキャッシュするため、この共有プロパティを指定してパフォーマンスが向上するのは SMB 1 クライアント接続のみです。

「 encrypt-data 」と入力します

この共有へのアクセス時に SMB 暗号化の使用を義務付けます。SMB データへのアクセスで暗号化をサポートしていない SMB クライアントは、この共有にアクセスできません。