日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージレベルのアクセス保護を設定するためのワークフロー

寄稿者

ストレージレベルのアクセス保護( SLAG )を設定するワークフローでは、 NTFS ファイル権限や監査ポリシーを設定する際に使用する ONTAP CLI コマンドと同じコマンドを使用します。対象のファイルやディレクトリのアクセスを設定する代わりに、対象の Storage Virtual Machine ( SVM )ボリュームの SLAG を設定します。

この図には説明が付随しています。