日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワーク要件を評価

寄稿者

クライアントに SMB ストレージを提供する前に、 SMB プロビジョニングの要件を満たすようにネットワークが正しく設定されていることを確認する必要があります。

次のクラスタネットワークオブジェクトを設定する必要があります。

  • 物理ポートと論理ポート

  • ブロードキャストドメイン

  • サブネット(必要な場合)

  • IPspace (必要に応じて、デフォルトの IPspace に追加)

  • フェイルオーバーグループ(必要に応じて、各ブロードキャストドメインのデフォルトのフェイルオーバーグループに追加)

  • 外部ファイアウォール

手順
  1. 使用可能な物理ポートと仮想ポートを表示します。「 network port show 」

    • 可能な場合は、データネットワークの速度が最高であるポートを使用する必要があります。

    • 最大限のパフォーマンスを得るためには、データネットワーク内のすべてのコンポーネントの MTU 設定が同じである必要があります。

  2. サブネット名を使用して LIF の IP アドレスとネットワークマスク値を割り当てる場合は、そのサブネットが存在し、十分な数のアドレスが使用可能であることを確認してください。「 network subnet show

    サブネットには、同じレイヤ 3 サブネットに属する IP アドレスのプールが含まれています。サブネットは 'network subnet create コマンドを使用して作成されます

  3. 使用可能な IPspace を表示します。「 network ipspace show 」

    デフォルトの IPspace またはカスタムの IPspace を使用できます。

  4. IPv6 アドレスを使用する場合は、クラスタで IPv6 が有効になっていることを確認します。「 network options ipv6 show

    必要に応じて 'network options ipv6 modify コマンドを使用して IPv6 を有効にできます