日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Microsoft Hyper-V および SQL Server over SMB ソリューション用に ONTAP を設定する

寄稿者

継続的な可用性が確保された SMB 3.0 以降のファイル共有を使用して、 Hyper-V 仮想マシンファイルまたは SQL Server システムデータベースとユーザデータベースを SVM 内のボリュームに格納し、同時に計画的イベントと計画外イベントの間のノンストップオペレーション( NDO )を実現できます。

SMB を介した Microsoft Hyper-V

Hyper-V over SMB 解決策を作成するには、まず、 Microsoft Hyper-V サーバにストレージサービスを提供するように ONTAP を設定する必要があります。また、 Microsoft クラスタ(クラスタ構成を使用する場合)、 Hyper-V サーバ、 CIFS サーバによってホストされている共有への継続的な可用性が確保された SMB 3.0 接続、および必要に応じて、 SVM ボリュームに格納されている仮想マシンファイルを保護するためのバックアップサービスも設定する必要があります。

注記

Hyper-V サーバは、 Windows Server 2012 以降で設定する必要があります。Hyper-V サーバの構成については、スタンドアロンの構成とクラスタ化された構成の両方がサポートされます。

  • Microsoft クラスタおよび Hyper-V サーバの作成については、 Microsoft の Web サイトを参照してください。

  • SnapManager for Hyper-V は、 Snapshot コピーベースの高速バックアップサービスを容易に実現できるホストベースのアプリケーションで、 Hyper-V over SMB 構成と統合できるように設計されています。

    Hyper-V over SMB 構成での SnapManager の使用については、 SnapManager for Hyper-V インストレーションアドミニストレーションガイドを参照してください。

Microsoft SQL Server over SMB

SQL Server over SMB 解決策を作成するには、まず、 Microsoft SQL Server アプリケーションにストレージサービスを提供するように ONTAP を設定する必要があります。さらに、 Microsoft クラスタも設定する必要があります(クラスタ構成を使用する場合)。その後、 Windows サーバに SQL Server をインストールして設定し、 CIFS サーバにホストされている共有への継続的可用性を備えた SMB 3.0 接続を作成します。SVM ボリュームに格納されているデータベースファイルを保護するオプションで、バックアップサービスを設定することもできます。

注記

SQL Server は、 Windows Server 2012 以降にインストールし、設定する必要があります。スタンドアロン構成とクラスタ構成の両方がサポートされます。

  • Microsoft クラスタの作成および SQL Server のインストールと設定については、 Microsoft の Web サイトを参照してください。

  • SnapManager for Microsoft SQL Server は、 Snapshot コピーベースの高速バックアップサービスを容易に実現できるホストベースのアプリケーションで、 SQL Server over SMB 構成と統合できるように設計されています。

    SnapManager for Microsoft SQL Server の使用については、 SnapManager for Microsoft SQL Server インストレーションアドミニストレーションガイドを参照してください。