日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ヘルスモニタを使用して、ノンストップオペレーションのステータスが正常かどうかを確認します

寄稿者

ヘルスモニタを使用すると、クラスタ全体のシステムヘルスステータスに関する情報が得られます。ヘルスモニタは Hyper-V over SMB および SQL Server over SMB 構成を監視して、アプリケーションサーバの Nondisruptive Operation ( NDO ;ノンストップオペレーション)を実現します。ステータスがデグレードになっている場合は、考えられる原因や推奨されるリカバリアクションなど、問題の詳細を表示できます。

ヘルスモニタはいくつかあります。ONTAP では、システム全体の健全性と個々のヘルスモニタの健全性の両方が監視されます。ノード接続ヘルスモニタには、 CIFS-NDO サブシステムが含まれています。モニタには一連のヘルスポリシーがあり、特定の物理的な条件によってシステムが停止する可能性がある場合にアラートをトリガーするポリシーと、システム停止が発生している場合にアラートが生成し、対処方法に関する情報を提供するポリシーがあります。SMB を介した NDO 構成では、アラートは次の 2 つの状態で生成されます。

アラート ID 重大度 条件

'HaNotReadyCifsNDO_Alert

メジャー( Major )

ノード上のアグリゲート内のボリュームでホストされている 1 つ以上のファイルが、継続的可用性を備えた SMB 共有を介して開かれており、障害が発生した場合でも継続性が保証されるはずだが、パートナーとの HA 関係が設定されていないか正常でない。

'NoStandbyLifCifsNDO_Alert'

マイナー

Storage Virtual Machine ( SVM )はノードから SMB を介してアクティブにデータを提供しており、 SMB ファイルは継続的可用性を備えた共有を介して継続的に開かれているが、そのパートナーノードが SVM のアクティブなデータ LIF を公開していない。