日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SQL Server および Hyper-V over SMB 構成に関する推奨事項

寄稿者

SQL Server over SMB および Hyper-V over SMB 構成が安定して機能するようにするには、ソリューションの設定に関する推奨されるベストプラクティスについて理解しておく必要があります。

一般的な推奨事項

  • アプリケーションサーバのファイルは一般的なユーザデータとは別に格納します。

    可能な場合は、 Storage Virtual Machine ( SVM )とそのストレージ全体をアプリケーションサーバのデータ専用にします。

  • パフォーマンスを最大限に高めるには、アプリケーションサーバのデータを格納する SVM で SMB 署名を無効にします。

  • パフォーマンスの最適化とフォールトトレランスの向上を図るためには、 SMB マルチチャネルを有効にして、 1 つの SMB セッションで ONTAP とクライアントの間に複数の接続を確立できるようにします。

  • Hyper-V または SQL Server over SMB 構成で使用する共有以外では、継続的可用性を備えた共有を作成しないようにします。

  • 継続的な可用性を確保するために使用される共有については、変更通知を無効に

  • アグリゲートの再配置( ARL )には一部の処理が一時停止するフェーズがあるため、 ARL と同時にボリュームの移動を実行しないようにします。

  • Hyper-V over SMB ソリューションでは、クラスタ化された仮想マシンを作成する際にゲスト内 iSCSI ドライブを使用します。ONTAP SMB 共有では 'SMB を介した Hyper-V では '.hdx ファイルはサポートされません