日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Hyper-V over SMB 用の SMB サーバとボリュームの要件

寄稿者 netapp-thomi

ノンストップオペレーション用に Hyper-V over SMB 構成を作成する場合、一定の SMB サーバとボリュームの要件について理解しておく必要があります。

SMB サーバの要件

  • SMB 3.0 が有効になっている必要があります。

    これはデフォルトで有効になっています。

  • デフォルトの UNIX ユーザの CIFS サーバオプションが、有効な UNIX ユーザアカウントを使用して設定されている必要があります。

    アプリケーションサーバでは、 SMB 接続を確立する際にマシンアカウントが使用されます。すべての SMB アクセスで、 Windows ユーザが任意の UNIX ユーザアカウントまたはデフォルトの UNIX ユーザアカウントに正常にマッピングされる必要があるため、 ONTAP は、アプリケーションサーバのマシンアカウントをデフォルトの UNIX ユーザアカウントにマッピングできる必要があります。

  • 自動ノードリファーラルを無効にする必要があります(この機能はデフォルトで無効になります)。

    Hyper-V マシンファイル以外のデータにアクセスするために自動ノードリファーラルを使用する場合は、そのデータ用に別の SVM を作成する必要があります。

  • SMB サーバが属しているドメインで、 Kerberos と NTLM の両方の認証が許可されている必要があります。

    ONTAP ではリモート VSS に対して Kerberos サービスがアドバタイズされないため、ドメインが NTLM を許可するように設定されている必要があります。

  • シャドウコピー機能を有効にする必要があります。

    この機能はデフォルトで有効になっています。

  • シャドウコピーサービスでシャドウコピーの作成時に使用される Windows ドメインアカウントが、 SMB サーバのローカルの BUILTIN\Administrators グループまたは BUILTIN\Backup Operators グループに属している必要があります。

ボリューム要件:

  • 仮想マシンファイルを格納するためのボリュームは、 NTFS セキュリティ形式のボリュームとして作成されている必要があります。

    継続的な可用性が確保された SMB 接続を使用してアプリケーションサーバの NDO を実現するには、共有を含むボリュームが NTFS ボリュームである必要があります。さらに、そのボリュームが常に NTFS ボリュームである必要があります。mixed セキュリティ形式のボリュームまたは UNIX セキュリティ形式のボリュームを NTFS セキュリティ形式のボリュームに変更し、そのボリュームを SMB 共有を介して直接 NDO に使用することはできません。mixed セキュリティ形式のボリュームを NTFS セキュリティ形式のボリュームに変更し、 SMB 共有を介して NDO に使用する場合は、ボリュームの一番上に ACL を手動で配置し、格納されているすべてのファイルおよびフォルダにその ACL を適用する必要があります。そうしないと、ソースボリュームまたはデスティネーションボリュームが最初は mixed セキュリティ形式または UNIX セキュリティ形式のボリュームとして作成され、あとで NTFS セキュリティ形式に変更された場合は、ファイルを別のボリュームに移動する仮想マシンの移行またはデータベースファイルのエクスポートとインポートに失敗する可能性があります。

  • シャドウコピー処理を正常に実行するには、ボリュームに十分な利用可能スペースが必要です。

    使用可能なスペースは、シャドウコピーバックアップセットに含まれている共有内のすべてのファイル、ディレクトリ、およびサブディレクトリによって使用される合計スペースと同サイズ以上である必要があります。この要件は、自動リカバリを使用する環境シャドウコピーのみです。