日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リモート VSS による共有ベースのバックアップの概要

寄稿者

リモート VSS を使用して、 CIFS サーバに格納された Hyper-V 仮想マシンファイルの共有ベースのバックアップを実行できます。

Microsoft リモート VSS (ボリュームシャドウコピーサービス)は、既存の Microsoft VSS インフラを拡張したものです。以前は、ローカルディスクに格納されたデータに対してのみ VSS を使用してバックアップサービスを実行できました。ローカルディスクまたは SAN ベースのストレージのいずれかにデータを格納するアプリケーションへの VSS の使用に制限がありました。リモート VSS では、 SMB 共有のシャドウコピーにも対応するように VSS インフラが拡張され、Hyper-V などのサーバアプリケーションで SMB ファイル共有に VHD ファイルを格納できるようになりました。これらの新しい拡張機能により、データと構成ファイルを共有に格納する仮想マシンについて、アプリケーションと整合性のあるシャドウコピーを作成できます。