日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

監視プロトコルの仕組み

寄稿者

ONTAP では、ノードの SFO パートナーを監視役として使用して、監視プロトコルが実装されます。障害が発生すると、パートナーが障害を迅速に検出し、 SMB クライアントに通知します。

監視プロトコルでは、次のプロセスを使用してフェイルオーバーが強化されます。

  1. アプリケーションサーバがノード 1 への継続的な可用性が確保された SMB 接続を確立すると、 CIFS サーバからアプリケーションサーバに監視が利用可能であることが通知されます。

  2. アプリケーションサーバは、ノード 1 に監視サーバの IP アドレスを要求し、 Storage Virtual Machine ( SVM )に割り当てられたノード 2 ( SFO パートナー)のデータ LIF の IP アドレスリストを受け取ります。

  3. アプリケーションサーバは、いずれかの IP アドレスを選択し、ノード 2 への監視接続を作成して、ノード 1 の継続的な可用性が確保された接続を移行する必要がある場合に通知されるように登録します。

  4. ノード 1 でフェイルオーバーが発生した場合、監視によってフェイルオーバーが容易になりますが、ギブバックには影響しません。

  5. 監視によってフェイルオーバーイベントが検出され、監視接続を介してアプリケーションサーバに、 SMB 接続をノード 2 に移行する必要があることが通知されます。

  6. アプリケーションサーバは、 SMB セッションをノード 2 に移行し、クライアントアクセスを中断することなく接続をリカバリします。

監視の仕組み