日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SM-BC アップグレードおよびリバートに関する考慮事項

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SM-BC 設定をアップグレードおよびリバートする場合の要件を理解しておく必要があります。

アップグレード

SM-BC を設定して使用する前に、ソースクラスタとデスティネーションクラスタ上のすべてのノードを ONTAP 9.8 以降にアップグレードする必要があります。"ONTAP クラスタ上のアップグレードソフトウェア"

注記 SM-BC は、 ONTAP 9.7 と ONTAP 9.8 の混在クラスタではサポートされません。

ONTAP 9.8 から ONTAP 9.7 に戻す

ONTAP 9.8 から ONTAP 9.7 にリバートする場合は、次の点に注意してください。

  • クラスタが SM-BC デスティネーションをホストしている場合、関係を解除して削除するまで ONTAP 9.7 へのリバートは許可されません。

  • クラスタが SM-BC ソースをホストしている場合、関係を解除するまで ONTAP 9.7 へのリバートは許可されません。

  • ONTAP 9.7 にリバートする前に、ユーザが作成したカスタムの SM-BC SnapMirror ポリシーをすべて削除する必要があります。

手順
  1. SM-BC 関係にあるいずれかのクラスタからリバートチェックを実行します。

    'cluster::*> system node revert-to バージョン 9.7-check-only

    cluster::*> system node revert-to -version 9.7 -check-only
    Error: command failed: The revert check phase failed. The following issues must be resolved before revert can be completed. Bring the data LIFs down on running vservers. Command to list the running vservers: vserver show -admin-state running Command to list the data LIFs that are up: network interface show -role data -status-admin up Command to bring all data LIFs down: network interface modify {-role data} -status-admin down
    Disable snapshot policies.
        Command to list snapshot policies: "snapshot policy show".
        Command to disable snapshot policies: "snapshot policy modify -vserver
       * -enabled false"
    
       Break off the initialized online data-protection (DP) volumes and delete
       Uninitialized online data-protection (DP) volumes present on the local
       node.
        Command to list all online data-protection volumes on the local node:
       volume show -type DP -state online -node <local-node-name>
        Before breaking off the initialized online data-protection volumes,
       quiesce and abort transfers on associated SnapMirror relationships and
       wait for the Relationship Status to be Quiesced.
        Command to quiesce a SnapMirror relationship: snapmirror quiesce
        Command to abort transfers on a SnapMirror relationship: snapmirror
       abort
        Command to see if the Relationship Status of a SnapMirror relationship
       is Quiesced: snapmirror show
        Command to break off a data-protection volume: snapmirror break
        Command to break off a data-protection volume which is the destination
       of a SnapMirror relationship with a policy of type "vault": snapmirror
       break -delete-snapshots
        Uninitialized data-protection volumes are reported by the "snapmirror
       break" command when applied on a DP volume.
        Command to delete volume: volume delete
    
       Delete current version snapshots in advanced privilege level.
        Command to list snapshots: "snapshot show -fs-version 9.8"
        Command to delete snapshots: "snapshot prepare-for-revert -node
       <nodename>"
    
       Delete all user-created policies of the type active-strict-sync-mirror
       and active-sync-mirror.
       The command to see all active-strict-sync-mirror and active-sync-mirror
       type policies is:
        snapmirror policy show -type
       active-strict-sync-mirror,active-sync-mirror
       The command to delete a policy is :
        snapmirror policy delete -vserver <vserver-name> -policy <policy-name>

クラスタのリバートの詳細については、を参照してください "ONTAP をリバートする"