日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

自動計画外フェイルオーバー処理

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

自動計画外フェイルオーバー( AUFO )処理は、プライマリクラスタが停止しているか分離されている場合に実行されます。この場合、セカンダリクラスタがプライマリに変換され、クライアントへのサービスが開始されます。この処理は、 ONTAP メディエーターからのみ実行します。

注記 自動計画外フェイルオーバーの実行後は、 I/O パスが失われないようにホスト LUN I/O パスを再スキャンすることが重要です。

「 Snapmirror failover show 」コマンドを使用すると、自動計画外フェイルオーバーのステータスを監視できます。