日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP クラスタ構成を確認

寄稿者 netapp-lenida このページの PDF をダウンロード

ソースクラスタとデスティネーションクラスタが適切に設定されていることを確認してください。

次の各手順を実行します。手順ごとに、特定の設定が実行されたことを確認する必要があります。各手順のあとに記載されたリンクを使用して、必要に応じて詳細を確認します。

手順
  1. クラスタ間にクラスタピア関係が存在することを確認します。

    注記 デフォルト IPspace は、クラスタピア関係を確立するために SM-BC で必要です。カスタム IPspace はサポートされません。
  2. 各クラスタに Storage VM が作成されていることを確認します。

  3. 各クラスタの Storage VM 間にピア関係が存在することを確認します。

  4. LUN に対応するボリュームが存在することを確認します。

  5. クラスタ内の各ノードに少なくとも 1 つの SAN LIF が作成されていることを確認します。

  6. 必要な LUN が作成され、 igroup にマッピングされていることを確認します。 igroup は、アプリケーションホストのイニシエータに LUN をマッピングするために使用されます。

  7. アプリケーションホストを再スキャンして新しい LUN を検出します。