日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

整合グループ関係を作成する

寄稿者 netapp-ahibbard netapp-lenida このページの PDF をダウンロード

同期整合グループ関係も確立する SM-BC 整合グループを作成する必要があります。

次の前提条件と制約事項が適用されます。

  • クラスタ管理者または Storage VM 管理者である必要があります

  • SnapMirror Synchronous ライセンスが必要です

  • デスティネーションボリュームのタイプは DP でなければなりません

  • プライマリ Storage VM とセカンダリ Storage VM のピア関係が確立されている必要があります

  • 整合性グループ内のコンスティチュエントボリュームはすべて、 1 つの Storage VM に含まれている必要があります

  • ASA クラスタと非 ASA クラスタ間で SM-BC 整合グループ関係を確立することはできません

整合グループ関係はデスティネーションクラスタから作成する必要があります。「 snapmirror-create 」コマンドで「 cg-item-mappings 」パラメータを使用すると、最大 12 個のコンスティチュエントをマッピングできます。

手順
  1. 整合グループとコンスティチュエントの関係を作成します。この例では、コンスティチュエントボリューム vol1 と vol2 を含む cg_src と、コンスティチュエントボリューム vol1_DR と vol2 を含む cg_dist2 つの整合グループを作成しています。

    「デスティネーション」:: > snapmirror create -source-path vs1_src : /cc/cg_src -destination-path vs1_dst : /ccg/cg_dst -item-mappings vol_src1 : @vol_dst1 、 vol_src2 : @vol_dst2 -policy AutomatedFailover