日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

主な概念

寄稿者

ONTAP の SnapMirror によるビジネス継続性機能の調査と導入の計画を開始するにあたって、主な用語と概念を理解しておくと役立ちます。

ONTAP 9.8 以降で使用可能な SnapMirror Business Continuity ( SM-BC )解決策の頭字語。

ONTAP 9.10.1 以降、整合グループが最初の管理ユニットになりました。整合グループの詳細については、を参照してください "整合グループの概要"

整合グループ( CG )は FlexVol ボリュームの集まりで、アプリケーションワークロードに対して書き込み順序の整合性が保証されます。この保証は、ビジネス継続性のために保護する必要があります。整合グループの目的は、一度に一連のボリュームについて、 crash-consistent Snapshot コピーを同時に作成することです。通常の環境では、 CG の対象となるボリュームのグループがアプリケーションインスタンスにマッピングされます。SnapMirror 関係は、 CG 関係とも呼ばれ、ソース CG とデスティネーション CG の間に確立されます。ソースとデスティネーションの CG は、ボリュームの数とタイプが同じである必要があります。

整合グループの一部である個々の FlexVol 。

ONTAP メディエーターは、ピアクラスタへの別の健常性パスを提供し、クラスタ間 LIF がもう一方の健常性パスを提供します。メディエーターのヘルス情報を使用すると、クラスタ間 LIF の障害とサイト障害を区別できます。サイトがダウンすると、メディエーターは正常性情報をオンデマンドでピアクラスタに渡し、ピアクラスタがフェイルオーバーできるようにします。メディエーターから提供された情報とクラスタ間 LIF の健常性チェック情報を使用して、フェイルオーバーを実行できない場合は続行するか停止するかを ONTAP が判断します。

メディエーターは、 SM-BC クォーラムの 3 つの当事者の 1 つであり、プライマリクラスタおよびセカンダリクラスタと連携して合意に達しています。コンセンサスを得るには、最低 2 人の当事者が作業に同意する必要があります。

アプリケーション I/O はセカンダリストレージシステムにレプリケーションされていません。SnapMirror レプリケーションが実行されていないため、デスティネーションボリュームはソースボリュームと同期されていません。ミラー状態が Snapmirrored の場合、これは転送の失敗またはサポートされていない操作による失敗を示します。

目標復旧時点はゼロです。これは、ダウンタイムが許容可能なデータ損失量です。

ホストの Multipath I/O ( MPIO ;マルチパス I/O )ソフトウェアベースのパスフェイルオーバーを使用して、ストレージへの無停止アクセスを提供することで、目標復旧時間または透過的なアプリケーションフェイルオーバーを実現します。

SM-BC 関係のコピーのロールを変更するための手動操作。プライマリがセカンダリになり、セカンダリがプライマリになります。ALUA レポートの変更点もあります。

ミラーコピーへのフェイルオーバーを実行する自動処理。プライマリコピーが使用できないことをメディエーターから検出するには、処理の支援が必要です。