日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

その他の制約事項および制限事項

寄稿者 netapp-lenida このページの PDF をダウンロード

SnapMirror Business Continuity 解決策を使用する場合は、いくつかの制限事項もあります。

整合グループ

クラスタ内の SnapMirror Synchronous 整合グループ関係の最大数は 5 つで、これはプラットフォームに依存しません。この制限に達した場合、またはこの制限を超えようとした場合は、次のメッセージが表示されます。

The number of SnapMirror Synchronous consistency group relationships in a cluster cannot exceed 5

整合性グループあたりのボリューム数

SnapMirror Synchronous 整合性グループ関係ごとにサポートされる最大ボリューム数は 12 個で、プラットフォームに依存しない制限があります。この制限に達した場合、またはこの制限を超えようとした場合は、次のメッセージが表示されます。

The number of volumes in a SnapMirror Synchronous Consistency Group cannot exceed 12

個のボリューム

注記 関係の数ではなく、エンドポイントの数を上限としています。12 個のボリュームを含む整合グループが、ソースとデスティネーションの両方で 12 個のエンドポイントに影響します。同じ HA ペアのソースボリュームとデスティネーションボリュームの両方を使用する SnapMirror Synchronous 関係は、 2 つのエンドポイントに影響します。

プラットフォームあたりの最大エンドポイント数を次の表に示します。

…​いいえ プラットフォーム SM-BC の HA あたりのエンドポイント数 HA ごとの全体的な同期エンドポイントと SM-BC エンドポイント

1.

AFF

60

80

2.

ASA

60

80

SAN オブジェクトの制限

次の表に、 SAN オブジェクトの制限と制限をプラットフォームに関係なく示します。

SM-BC 関係にあるオブジェクトの制限 カウント

ボリュームあたりの LUN 数

256

ノードあたりの LUN マップ数

2048

クラスタあたりの LUN マップ数

4096

SVM あたりの LIF 数( SM-BC 関係にあるボリュームが少なくとも 1 つある場合)

256

ノードごとにクラスタ間 LIF を設定します

4.

クラスタごとにインタークラスタ LIF を設定します

8.

NTFS セキュリティ形式

NTFS セキュリティ形式は、 SM-BC ボリュームではサポートされません。