日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

その他の制約事項および制限事項

寄稿者 netapp-ahibbard netapp-lenida dmp-netapp netapp-thomi

SnapMirror Business Continuity 解決策を使用する場合は、いくつかの制限事項もあります。

整合グループ

ONTAP 9.8 から 9.9.8.1 までは、クラスタ内の SnapMirror Synchronous 整合グループ関係の最大数は、プラットフォームに依存しない制限 5 つです。ONTAP 9.10.1 以降、クラスタの SnapMirror Synchronous 整合グループ関係の最大数は 20 になりました。この制限に達した場合、またはこの制限を超えようとした場合は、エラーメッセージが表示されます。

整合性グループあたりのボリューム数

ONTAP 9.8 から 9.9.8.1 までは、 SnapMirror Synchronous 整合グループ関係ごとにサポートされるボリュームの最大数は 12 個であり、これはプラットフォームに依存しません。ONTAP 9.10.1 以降では、 SnapMirror Synchronous 関係でサポートされる最大ボリューム数は 16 個になりました。この制限に達した場合、またはこの制限を超えようとした場合は、エラーメッセージが表示されます。

個のボリューム

注記 関係の数ではなく、エンドポイントの数を上限としています。12 個のボリュームを含む整合グループが、ソースとデスティネーションの両方で 12 個のエンドポイントに影響します。同じ HA ペアのソースボリュームとデスティネーションボリュームの両方を使用する SnapMirror Synchronous 関係は、 2 つのエンドポイントに提供されます。

プラットフォームあたりの最大エンドポイント数を次の表に示します。

…​いいえ プラットフォーム SM-BC の HA あたりのエンドポイント数 HA ごとの全体的な同期エンドポイントと SM-BC エンドポイント

ONTAP 9.8 ~ 9.9

ONTAP 9.10.1

ONTAP 9.8 ~ 9.9

ONTAP 9.10.1

1.

AFF

60

200

80

200

2.

ASA

60

200

80

200

SAN オブジェクトの制限

次の表に、 SAN オブジェクトの制限と制限をプラットフォームに関係なく示します。

SM-BC 関係にあるオブジェクトの制限 カウント

ボリュームあたりの LUN 数

256

ノードあたりの LUN マップ数

2048

クラスタあたりの LUN マップ数

4096

SVM あたりの LIF 数( SM-BC 関係にあるボリュームが少なくとも 1 つある場合)

256

ノードごとにクラスタ間 LIF を設定します

4.

クラスタごとにインタークラスタ LIF を設定します

8.

NTFS セキュリティ形式です

NTFS セキュリティ形式は、 SM-BC ボリュームではサポートされません。

SM-BC 構成での Solaris ホスト設定の推奨事項

ONTAP 9.10.1 以降、 SM-BC は Solaris 11.4 をサポートします。SM-BC 環境で計画外のサイト・フェイルオーバー・スイッチオーバーが発生したときに Solaris クライアントアプリケーションが無停止で動作するようにするには ' 次の設定を Solaris 11.4 ホストで構成する必要がありますこの設定は、矛盾を検出するコードパスが実行されないように、フェールオーバーモジュール「 f_tpgs 」をオーバーライドします。

指示に従って、オーバーライドパラメータを設定します。

  1. ホストに接続されている NetApp ストレージ・タイプについて ' 次のようなエントリを持つ構成ファイル /etc/driver/drv/scsi_vhci.conf を作成します

    scsi-vhci-failover-override =
    "NETAPP  LUN","f_tpgs"
  2. オーバーライドが正常に適用されたことを確認するには、「 devprop` 」および「 `db 」コマンドを使用します。

    root@host-A:~# devprop -v -n /scsi_vhci scsi-vhci-failover-override scsi-vhci-failover-override=NETAPP  LUN + f_tpgs
    root@host-A:~# echo "*scsi_vhci_dip::print -x struct dev_info devi_child | ::list struct dev_info devi_sibling| ::print struct dev_info devi_mdi_client| ::print mdi_client_t ct_vprivate| ::print struct scsi_vhci_lun svl_lun_wwn svl_fops_name"| mdb -k`
    svl_lun_wwn = 0xa002a1c8960 "600a098038313477543f524539787938"
    svl_fops_name = 0xa00298d69e0 "conf f_tpgs"
注記 「 csi-vhci-failover-override 」が適用されている場合、「 conf 」が「 vl_fs_name 」に追加されます。追加情報およびデフォルト設定への推奨される変更については、ネットアップの技術情報アーティクルを参照してください "Solaris ホストでは、 SnapMirror Business Continuity ( SM-BC )構成での推奨設定がサポートされます"