日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP CLI を使用するための準備

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ONTAP コマンドラインインターフェイスを使用して SnapMirror Business Continuity 解決策を導入する際には、次のコマンドを理解しておく必要があります。

注記 SM-BC では、アクティブな同期ポリシーを持つ関係に対して「 snapmirror quiesce 」コマンドと「 napmirror resume 」コマンドはサポートされていません。

次の ONTAP コマンドの詳細については、を参照してください "ネットアップのマニュアル: ONTAP 9"

コマンドを実行します 説明

lun igroup create を追加します

クラスタに igroup を作成します

LUN マップ

LUN を igroup にマッピングします

lun show をクリックします

LUN のリストを表示します

snapmirror create の略

新しい SnapMirror 関係を作成します

SnapMirror の初期化

SM-BC 整合グループを初期化します

SnapMirror の更新

共通の Snapshot 作成処理を開始します

snapmirror show の略

SnapMirror 関係のリストを表示します

SnapMirror フェイルオーバー

計画的フェイルオーバー処理を開始する

SnapMirror が再同期された

再同期処理を開始する

snapmirror delete の略

SnapMirror 関係を削除

SnapMirror のリリース

SnapMirror 関係のソース情報を削除します