日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

導入のベストプラクティスのまとめ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapMirror によるビジネス継続性の導入を計画する際に考慮する必要があるベストプラクティスがいくつかあります。

SAN

SnapMirror Business Continuity 解決策は SAN ワークロードのみをサポートします。いずれの場合も、 SAN のベストプラクティスに従う必要があります。

さらに、次の機能もあり

  • セカンダリクラスタ内のレプリケートされた LUN がホストにマッピングされ、プライマリクラスタとセカンダリクラスタの両方からの LUN への I/O パスがホストの設定時に検出されている必要があります。

  • Out of sync ( OOS )イベントが 80 秒を超えた場合、または自動計画外フェイルオーバーが発生した場合は、ホスト LUN I/O パスを再スキャンして、 I/O パスの損失がないことを確認することが重要です。詳細については、対応するホスト OS ベンダーの LUN I/O パスの再スキャンに関するドキュメントを参照してください。

メディエーター

完全に機能し、自動計画外フェイルオーバーを有効にするためには、外部 ONTAP メディエーターをプロビジョニングして ONTAP クラスタを設定する必要があります。

メディエーターをインストールする場合は、メインストリームの信頼できる CA によって署名された有効な証明書に自己署名証明書を置き換える必要があります。

SnapMirror

SnapMirror 関係は、次の順序で終了する必要があります。

  1. デスティネーションクラスタで「 napmirror delete 」を実行します

  2. ソース・クラスタで「 napmirror release 」を実行します