日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サイト B で自動計画外フェイルオーバーがトリガーされない

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

サイト A で障害が発生しても、サイト B で計画外フェイルオーバーはトリガーされません

メディエーターが設定されていません。これが原因かどうかを判断するには、サイト B クラスタで問題の「 SnapMirro mediator show 」コマンドを実行します。

Cluster2::*> snapmirror mediator show
This table is currently empty.

この例は、メディエーターがサイト B で設定されていないことを示しています

メディエーターは両方のクラスタで設定し、ステータスが Connected 、クォーラムが True に設定されていることを確認します。

SnapMirror 整合グループが同期されていません。これが原因かどうかを確認するには、イベントログを表示して、サイト A で障害が発生したときに整合グループが同期されているかどうかを確認します。

cluster::*> event log show -event *out.of.sync*

Time                Node             Severity      Event
------------------- ---------------- ------------- ---------------------------
10/1/2020 23:26:12  sti42-vsim-ucs511w ERROR       sms.status.out.of.sync: Source volume "vs0:zrto_cg_556844_511u_RW1" and destination volume "vs1:zrto_cg_556881_511w_DP1" with relationship UUID "55ab7942-03e5-11eb-ba5a-005056a7dc14" is in "out-of-sync" status due to the following reason: "Transfer failed."

サイト B で強制フェイルオーバーを実行するには、次の手順を実行します

  1. この整合グループに属するすべての LUN のマッピングをサイト B から解除します

  2. 「 force 」オプションを使用して、 SnapMirror 整合グループ関係を削除します。

  3. サイト B からの I/O を有効にするには、整合性グループのコンスティチュエントボリュームで「 snapmirror break 」コマンドを入力して、 DP から R/W にボリュームを変換します

  4. サイト A のノードをブートして、サイト B からサイト A への RTO 関係をゼロにします

  5. 共通の Snapshot コピーを保持し、整合グループに属する LUN のマッピングを解除するには、「 re lationship -info -only 」をサイト A に設定して整合グループをリリースします。

  6. Sync ポリシーまたは非同期ポリシーを使用してボリュームレベルの関係を設定し、サイト A のボリュームを R/W から DP に変換します。

  7. 問題:「 SnapMirro resync 」を選択して、関係を同期します。

  8. サイト A の Sync ポリシーを使用して、 SnapMirror 関係を削除します

  9. サイト B で「 lationship -info -only true 」を使用して、 Sync ポリシーが設定された SnapMirror 関係を解放します

  10. サイト B からサイト A への整合グループ関係を作成します

  11. サイト A から整合グループの再同期を実行し、整合グループが同期されていることを確認します。

  12. ホスト LUN の I/O パスを再スキャンして、 LUN へのすべてのパスをリストアします。