日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror の削除処理がテイクオーバー状態のときに失敗します

寄稿者 netapp-lenida このページの PDF をダウンロード

クラスタに ONTAP 9.9.1 がインストールされている場合、 SM-BC 整合グループ関係がテイクオーバー状態のときに「 napmirror delete 」コマンドを実行すると失敗します。

C2_cluster::> snapmirror delete  vs1:/cg/dd

Error: command failed: RPC: Couldn't make connection

SM-BC 関係にあるノードがテイクオーバー状態の場合は、「 -force 」オプションを true に設定して SnapMirror の削除およびリリース処理を実行します。

C2_cluster::> snapmirror delete  vs1:/cg/dd -force true

Warning: The relationship between source "vs0:/cg/ss" and destination
         "vs1:/cg/dd" will be deleted, however the items of the destination
         Consistency Group might not be made writable, deletable, or modifiable
         after the operation. Manual recovery might be required.
Do you want to continue? {y|n}: y
Operation succeeded: snapmirror delete for the relationship with destination "vs1:/cg/dd".