日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapLock 管理者アカウントを作成します

寄稿者

privileged delete を実行するには、 SnapLock 管理者の権限が必要です。これらの権限は vsadmin-snaplock ロールで定義されています。このロールが割り当てられていない場合は、クラスタ管理者に依頼して、 SnapLock 管理者ロールを持つ SVM 管理者アカウントを作成してもらいます。

必要なもの
  • このタスクを実行するには、クラスタ管理者である必要があります。

  • セキュアな接続( SSH 、コンソール、または ZAPI )でログインする必要があります。

手順
  1. SnapLock 管理者ロールを持つ SVM 管理者アカウントを作成します。

    「 * security login create -vserver svm_name _ user-or -group-name_user_or_group_name application-authmethod authentication_method-role role-comment_*`

    次のコマンドは、事前定義された「 vsadmin-snaplock 」ロールが割り当てられた SVM 管理者アカウント「 S napLockAdmin 」が、パスワードを使用して「 S VM1 」にアクセスできるようにします。

    cluster1::> security login create -vserver SVM1 -user-or-group-name SnapLockAdmin -application ssh -authmethod password -role vsadmin-snaplock