日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファイルの保持期限の明示的な設定

寄稿者

ファイルに対して保持期限を明示的に設定するには、最終アクセス時刻を変更します。最終アクセス時刻は、 NFS または CIFS で適切なコマンドやプログラムを使用して変更できます。

ファイルが WORM 状態にコミットされたあとは、保持期限を延長することはできますが短縮することはできません。保持時間は、ファイルの「 atime 」フィールドに格納されます。

注記

ファイルの保存期間を明示的に無期限に設定することはできませんこの値は、デフォルトの保持期間を使用して保持期限を計算する場合にのみ使用できます。

手順
  1. 適切なコマンドまたはプログラムを使用して、保持期限を設定するファイルの最終アクセス日時を変更します。

    UNIX シェルで、次のコマンドを使用して、保持期限を 2020 年 11 月 21 日の午前 6 時に設定します「 Document .txt 」という名前のファイル:

    touch -a -t 202011210600 document.txt
    注記

    Windows では、任意の適切なコマンドまたはプログラムを使用して最終アクセス時刻を変更できます。