日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapLock API

寄稿者

Zephyr API を使用して、 SnapLock 機能をスクリプトやワークフローオートメーションと統合することができます。API は、 HTTP 、 HTTPS 、および Windows DCE / RPC を介した XML メッセージングを使用します。

file-fingerprint - 中止

ファイルフィンガープリント処理を中止します。

file-fingerprint -dump を実行します

ファイルフィンガープリント情報を表示します。

file-fingerprint -get-iter

ファイルフィンガープリント処理のステータスを表示します。

file-fingerprint -start の算出

ファイルフィンガープリントを生成します。

snaplock-archive-vserver-log

アクティブな監査ログファイルをアーカイブします。

snaplock-create -vserver -log

SVM の監査ログ設定を作成します。

snaplock-delete -vserver -log

SVM の監査ログ設定を削除します。

snaplock-file-privileged-delete-delete

privileged delete 処理を実行します。

snaplock-get-file-retention

ファイルの保持期間を取得します。

snaplock-get-node-compliance-clock では

ノードの ComplianceClock の日付と時刻を取得します。

snaplock-get-vserver -active-log-file-iter

アクティブなログファイルのステータスを表示します。

snaplock-get-vserver -log-iter

監査ログ設定を表示します。

snaplock-modify -vserver -log

SVM の監査ログ設定を変更します。

snaplock-set-file-retention

ファイルの保持期限を設定します。

snaplock-set-node-compliance-clock のいずれかです

ノードの ComplianceClock の日付と時刻を設定します。

snaplock-volume-set-privileged-delete

SnapLock Enterprise ボリュームで privileged-delete オプションを設定します。

volume-get-snaplock-attrs

SnapLock ボリュームの属性を取得します。

volume-set-snaplock-attrs

SnapLock ボリュームの属性を設定します。