日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタセットアップに ONTAP CLI を使用するかどうかを決定します

寄稿者 netapp-lenida このページの PDF をダウンロード

ONTAP CLI を使用して新しいクラスタをセットアップすることはできますが、クラスタのセットアッププロセスをできるだけ ONTAP System Manager を使用することを推奨します。これらの手順は、使用しているバージョンの ONTAP System Manager が計画している ONTAP 環境のクラスタの初期セットアップをサポートしていない場合にのみ使用してください。

System Manager の次のサポート要件を確認しておく必要があります。

  • クラスタセットアップはシングルノードと HA ペアでのみサポートされます

  • CLI を使用して手動でノード管理を設定すると、 System Manager では IPv4 のみがサポートされ、 IPv6 はサポートされません。ただし、ハードウェアのセットアップが完了したあとに、 DHCP を使用して IP アドレスが自動的に割り当てられ、 Windows 検出が行われたあとに System Manager を起動した場合は、 System Manager で IPv6 管理アドレスを設定できます。

    ONTAP 9.6 以前では、 System Manager で IPv6 ネットワークを必要とする導入はサポートされません。

  • MetroCluster セットアップがサポートされるのは、各サイトにノードが 2 つある MetroCluster IP 構成です。

    ONTAP 9.7 以前では、 System Manager で MetroCluster 構成の新しいクラスタセットアップがサポートされません。

ネットアップ以外のディスクに FlexArray を構成する場合は、 ONTAP CLI を使用してアレイ LUN にルートボリュームを構成し、クラスタセットアップウィザードを使用してクラスタをセットアップする必要があります。詳細については、を参照してください "『 FlexArray Virtualization Installation and Requirements Reference 』を参照してください"

これらの手順を実行する前に、使用しているプラットフォームモデルの設置とセットアップの手順に従って、新しいストレージシステムの設置、ケーブル接続、電源をオンにしておく必要があります。を参照してください "AFF と FAS ドキュメントセンター"