日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Active IQ Config Advisor でクラスタを確認します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

すべてのノードを新しいクラスタに追加したら、 Active IQ Config Advisor を実行して構成を検証し、一般的な構成エラーがないかを確認する必要があります。

Config Advisor は、ラップトップ、仮想マシン、またはサーバにインストールし、 Windows 、 Linux 、および Mac の各プラットフォームで機能する Web ベースのアプリケーションです。

Config Advisor は、インストール環境を検証し、クラスタやストレージスイッチなど、構成全体の健全性をチェックするための一連のコマンドを実行します。

  1. Active IQ Config Advisor をダウンロードしてインストールします。

  2. Active IQ を起動し、プロンプトが表示されたらパスフレーズを設定します。

  3. 設定を確認して、 [ 保存 ] をクリックします。

  4. [* 目的 ] ページで、 [ ONTAP Post-Deployment Validation* ] をクリックします。

  5. ガイドモードまたはエキスパートモードのいずれかを選択します。

    ガイドモードを選択すると、接続されているスイッチが自動的に検出されます。

  6. クラスタのクレデンシャルを入力します。

  7. (オプション) * フォーム検証 * をクリックします。

  8. データの収集を開始するには、 * 保存して評価 * をクリックします。

  9. データ収集が完了したら、 * Job Monitor > Actions * で、 * Data View * アイコンをクリックして収集したデータを表示し、 * Results * アイコンをクリックして結果を表示します。

  10. Config Advisor で特定された問題を解決します。