日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クライアントカットオーバー後にソース SVM を手動で削除します

寄稿者 netapp-lenida

ソースのクリーンアップを無効にして SVM の移行を実行した場合は、クライアントカットオーバーの完了後にソース SVM を手動で削除できます。

手順
  1. ソースのクリーンアップの準備が完了していることを確認します。

    est_cluster>vserver migrate show

  2. ソースをクリーンアップします。

    est_cluster>vserver migrate source-cleanup -vserver <vserver_name>