• ホーム
  • ドキュメント
  • ONTAP 9
  • Web ブラウザを使用して、ノードのログファイル、コアダンプファイル、および MIB ファイルにアクセスします
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Web ブラウザを使用して、ノードのログファイル、コアダンプファイル、および MIB ファイルにアクセスします

寄稿者 netapp-barbe

サービスプロセッサインフラストラクチャ(「 PI 」) Web サービスはデフォルトで有効になっており、 Web ブラウザはクラスタ内のノードのログファイル、コアダンプファイル、 MIB ファイルにアクセスできます。ノードが停止した場合でも、パートナーにテイクオーバーされていれば、ファイルにアクセスできます。

必要なもの
  • クラスタ管理 LIF が起動している必要があります。

    クラスタまたはノードの管理 LIF を使用して 'spi-web サービスにアクセスできますただし、クラスタ管理 LIF を使用することを推奨します。

    network interface show コマンドを実行すると、クラスタ内のすべての LIF のステータスが表示されます。

  • ユーザアカウントに「 admin 」ロール ( デフォルトでは「 PI 」 Web サービスへのアクセス権があります ) がない場合、アクセス制御ロールには「 PI 」 Web サービスへのアクセス権が付与されている必要があります。

    vserver services web access show コマンドを実行すると、どのロールにどの Web サービスへのアクセスが許可されているかが表示されます。

  • 「 admin 」ユーザアカウント ( デフォルトでは「 http 」アクセス方法を含む ) を使用していない場合、ユーザアカウントには「 http 」アクセス方法を設定する必要があります。

    「 securitylogin show 」コマンドを実行すると、ユーザアカウントのアクセス方法、ログイン方法、およびアクセス制御ロールが表示されます。

  • セキュアな Web アクセスのために HTTPS を使用する場合は、 SSL を有効にし、デジタル証明書をインストールする必要があります。

    「 system services web show 」コマンドは、クラスタレベルの Web プロトコルエンジンの設定を表示します。

「 spi 」 Web サービスはデフォルトで有効になっており、手動で無効にすることができます(「 vserver services web modify -vserver * -name spi -enabled false 」)。

「 admin 」ロールにはデフォルトで「 sPI 」 Web サービスへのアクセス権が付与されており、アクセスを手動で無効にできます(「サービス web access delete -vserver cluster_name-name spi-role admin 」)。

手順
  1. Web ブラウザで 'spi-web service URL を次のいずれかの形式で指定します

    • http://cluster-mgmt-LIF/spi/`

    • https://cluster-mgmt-LIF/spi/`

      「 cluster-mgmt-lif 」には、クラスタ管理 LIF の IP アドレスを指定します。

  2. ブラウザにプロンプトが表示されたら、ユーザアカウントとパスワードを入力します。

    アカウントが認証されると、ブラウザには、クラスタ内の各ノードの /mroot/etc/log/ 、 /mroot/etc/crash/ 、および /mroot/etc/mib/ のディレクトリへのリンクが表示されます。