日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SP にアクセスできるアカウント

寄稿者 netapp-barbe

SP にアクセスする際には、クレデンシャルを求められます。「 service-processor 」アプリケーションタイプを指定して作成されたクラスタユーザアカウントは、クラスタの任意のノード上の SP CLI にアクセスできます。SP ユーザアカウントは、 ONTAP から管理され、パスワードによって認証されます。

SP にアクセスするためのユーザアカウントは、 SP CLI ではなく ONTAP で管理します。任意のロールのクラスタ・ユーザ・アカウントは 'securitylogin create コマンドの -application パラメータを 'service-processor' に設定し '-authmethod パラメータを password に設定して作成された場合に SP にアクセスできますSP ではパスワード認証のみサポートされます。

デフォルトでは、「 admin 」という名前のクラスタユーザアカウントには「 service-processor 」アプリケーションタイプが含まれ、 SP へのアクセス権があります。

ONTAP では、システム用に予約されている名前(「 root 」や「 naroot 」など)を使用したユーザアカウントを作成できないようになっています。システム用に予約されている名前を使用してクラスタまたは SP にアクセスすることはできません。

現在の SP ユーザ・アカウントを表示するには 'securitylogin show コマンドの -application service-processor パラメータを使用します