日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport のサイズ割当量と時間割当量

寄稿者

AutoSupport は、サブシステム別に情報を収集し、各サブシステムのコンテンツにサイズ割当量と時間割当量を適用します。ストレージシステムが拡張すると、 AutoSupport の割当量によって AutoSupport のペイロードが制御され、拡張性の高い AutoSupport データの配信が可能になります。

サブシステムのコンテンツがサイズ割当量または時間割当量を超えた場合、 AutoSupport は情報の収集を停止し、 AutoSupport のコンテンツを切り捨てます。コンテンツを切り捨てるのが容易ではない場合(バイナリファイルなど)、 AutoSupport はそのコンテンツを除外します。

デフォルトのサイズ割当量と時間割当量の変更は、テクニカルサポートから指示があった場合にのみ行うようにしてください。AutoSupport manifestshow コマンドを使用して ' サブシステムのデフォルトのサイズと時間割当量を確認することもできます