日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタ管理サーバとは

寄稿者

クラスタ管理サーバは admin_ SVM とも呼ばれる、クラスタを 1 つの管理可能なエンティティとして扱う特別な Storage Virtual Machine ( SVM )です。クラスタ管理サーバは最上位の管理ドメインとして機能するとともに、データ SVM に論理的に属さないリソースを所有します。

クラスタ管理サーバは、クラスタ上で常に使用できます。クラスタ管理サーバには、コンソールまたはクラスタ管理 LIF からアクセスできます。

ホームネットワークポートに障害が発生すると、クラスタ管理 LIF がクラスタ内の別のノードに自動的にフェイルオーバーします。使用している管理プロトコルの接続特性に応じて、ユーザがフェイルオーバーを認識できる場合とできない場合があります。コネクションレス型プロトコル( SNMP など)を使用している場合、または接続が限定されている場合( HTTP など)には、フェイルオーバーを認識する可能性は低くなります。ただし、長期的な接続( SSH など)を使用している場合は、フェイルオーバー後にクラスタ管理サーバに再接続する必要があります。

クラスタを作成した場合は、 IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ポートなど、クラスタ管理 LIF のすべての特性を設定します。

データ SVM やノード SVM とは異なり、クラスタ管理サーバにはルートボリュームまたはホストユーザボリュームがありません(システムボリュームをホストすることは可能)。さらに、クラスタ管理サーバで使用できるのはクラスタ管理タイプの LIF だけです。

vserver show コマンドを実行すると、クラスタ管理サーバがコマンドの出力リストに表示されます。