日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport を管理するためのコマンド

寄稿者 netapp-thomi

「 system node AutoSupport 」コマンドを使用して、 AutoSupport の設定を変更または表示し、以前の AutoSupport メッセージに関する情報を表示し、 AutoSupport メッセージを送信、再送信、またはキャンセルします。

AutoSupport を設定します

状況 使用するコマンド

AutoSupport メッセージを送信するかどうかを制御します

'system node AutoSupport modify' に '-state パラメータを付けます

AutoSupport メッセージをテクニカルサポートに送信するかどうかを制御します

'system node AutoSupport modify' には '-support' パラメータを指定します

AutoSupport をセットアップするか、 AutoSupport の設定を変更します

「システム・ノード AutoSupport modify 」

個々のトリガーイベントについて、 AutoSupport メッセージを社内のサポート部門に送信するかどうかを指定する。また、各トリガーイベントで送信されるメッセージに含める追加のサブシステムレポートを指定する

「システム・ノード AutoSupport trigger modify 」と入力します

AutoSupport の設定に関する情報を表示します

状況 使用するコマンド

AutoSupport の設定を表示します

'system node AutoSupport show' と '-node ' パラメータ

AutoSupport メッセージを受信するすべてのアドレスと URL の概要を表示します

「 system node AutoSupport destinations show 」というように表示されます

個々のトリガーイベントについて社内のサポート部門に送信される AutoSupport メッセージを表示します

「 system node AutoSupport trigger show 」と入力します

AutoSupport の設定およびさまざまな宛先への配信のステータスを表示します

「 system node AutoSupport check show 」のように表示されます

AutoSupport の設定およびさまざまな宛先への配信の詳細なステータスを表示します

「 system node AutoSupport check show-details 」というエラーが表示されます

過去の AutoSupport メッセージに関する情報を表示する

状況 使用するコマンド

1 つ以上の最新の 50 件の AutoSupport メッセージに関する情報を表示する

「 system node AutoSupport history show 」と表示されます

テクニカルサポートサイトまたは指定の URI にコアダンプファイルまたはパフォーマンスアーカイブファイルをアップロードするために生成された最新の AutoSupport メッセージに関する情報を表示します

「 system node AutoSupport history show -upload_details 」というエラーが表示されます

AutoSupport メッセージ内の情報を表示します。メッセージ用に収集された各ファイルの名前とサイズのほか、エラーがある場合はその情報も表示されます

「 system node AutoSupport manifest show 」

AutoSupport メッセージを送信、再送信、またはキャンセルします

状況 使用するコマンド

ローカルに保存されている AutoSupport メッセージを、 AutoSupport シーケンス番号で識別して再転送します

注記

AutoSupport メッセージを再送信し、サポート部門がすでにそのメッセージを受信している場合、サポートシステムは重複するケースを作成しません。一方、サポート部門がそのメッセージを受信しなかった場合、 AutoSupport システムはメッセージを分析し、必要に応じてケースを作成します。

「システム・ノード AutoSupport 履歴再送信」

テストなどの目的で、 AutoSupport メッセージを生成して送信します

'System node AutoSupport invoke (システムノードの 呼び出し)

注記

AutoSupport が無効になっている場合でも、「 -force 」パラメータを使用してメッセージを送信します。設定された宛先ではなく、指定した宛先にメッセージを送信するには、 `-uri パラメータを使用します。

AutoSupport メッセージをキャンセルします

「システムノード AutoSupport 履歴キャンセル」