日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノード上のマウントポイントを管理するためのコマンド

寄稿者 netapp-thomi

「 sPI 」 Web サービスは、ノードのログファイルまたはコアファイルへのアクセス要求に対して、あるノードから別のノードのルートボリュームへのマウントポイントを自動的に作成します。マウントポイントを手動で管理する必要はありませんが、「 system node root-mount 」コマンドを使用すれば手動で管理できます。

状況 使用するコマンド

ノードから別のノードのルートボリュームへのマウントポイントを手動で作成します

「システム・ノード・ルート・マウント作成」では、 1 つのノードから別のノードに 1 つのマウント・ポイントしか存在できません。

クラスタ内のノード上の既存のマウントポイントを、マウントポイントが作成された時刻と現在の状態を含めて表示します

「 system node root-mount show 」というコマンドを実行します

ノードから別のノードのルートボリュームへのマウントポイントを削除し、そのマウントポイントへの接続を強制的に終了します

「システムノードのルートマウント削除」