日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Web プロトコルエンジンを管理するためのコマンド

寄稿者 netapp-barbe

Web プロトコルエンジンを管理するには、「 system services web 」コマンドを使用します。Web アクセス要求がファイアウォールを通過できるようにするには、「 system services firewall policy create 」および「 network interface modify 」コマンドを使用します。

状況 使用するコマンド

クラスタレベルで Web プロトコルエンジンを設定します。

  • クラスタの Web プロトコルエンジンを有効または無効にします

  • クラスタの SSLv3 を有効または無効にします

  • セキュアな Web サービス( HTTPS )に対する FIPS 140-2 準拠を有効または無効にする

「 system services web modify 」を参照してください

クラスタレベルの Web プロトコルエンジンの設定を表示し、 Web プロトコルがクラスタ全体で機能しているかどうかを確認し、 FIPS 140-2 準拠が有効でオンラインになっているかどうかを表示します

「 system services web show 」をご覧ください

ノードレベルの Web プロトコルエンジンの設定と、クラスタ内のノードに対する Web サービス処理のアクティビティを表示します

「 system services web node show 」を参照してください

ファイアウォールポリシーを作成するか、既存のファイアウォールポリシーに HTTP または HTTPS プロトコルサービスを追加して、 Web アクセス要求がファイアウォールを通過できるようにします

「システムサービスファイアウォールポリシー作成」を参照してください

「 -service 」パラメータを「 http 」または「 https 」に設定すると、 Web アクセス要求がファイアウォールを通過できるようになります。

ファイアウォールポリシーを LIF と関連付ける

「 network interface modify 」を参照してください

LIF のファイアウォールポリシーを変更するには、「 -firewall-policy 」パラメータを使用します。