日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SP / BMC ネットワークを手動で設定する

寄稿者 netapp-barbe

SP に自動ネットワーク設定が設定されていない場合、 IP アドレスを使用して SP にアクセスできるように、ノードの SP ネットワークを手動で設定する必要があります。

SP に IPv6 接続を設定する場合、 ONTAP に対して IPv6 が設定済みで、有効になっている必要があります。「 network options ipv6 」コマンドは、 ONTAP の IPv6 設定を管理します。

注記

このタスクでは、 SP と BMC の両方を環境に設定します。

SP は、 IPv4 、 IPv6 、またはその両方を使用するように設定できます。SP の IPv4 設定では静的アドレス指定と DHCP アドレス指定をサポートし、 SP の IPv6 設定では静的アドレス指定のみをサポートしています。

SP の自動ネットワーク設定が設定されている場合、個々のノードの SP ネットワークを手動で設定する必要はありません。また、「 system service-processor network modify 」コマンドを使用すると、 SP ネットワークインターフェイスの有効化または無効化のみを行うことができます。

手順
  1. 「 system service-processor network modify 」コマンドを使用して、ノードの SP ネットワークを設定します。

    • 「 -address-family 」パラメータには、 SP の IPv4 または IPv6 の設定を変更するかどうかを指定します。

    • -enable パラメータは ' 指定された IP アドレスファミリのネットワーク・インタフェースを有効にします

    • -dhcp' パラメータは、 DHCP サーバからのネットワーク設定を使用するか、指定したネットワークアドレスを使用するかを指定します。

      IPv4 を使用している場合にのみ '-dhcp' を v4 に設定して 'DHCP を有効にできますIPv6 設定の場合、 DHCP を有効にすることはできません。

    • 「 -ip-address 」パラメータは、 SP のパブリック IP アドレスを指定します。

      サブネットに割り当てられているアドレスを使用して SP ネットワークを手動で設定しようとすると、警告メッセージが表示されます。警告を無視して手動でのアドレス割り当てを続行すると、重複するアドレスが割り当てられる可能性があります。

    • -netmask パラメータでは 'SP のネットマスクを指定します( IPv4 を使用している場合)

    • 「 -prefix-length 」パラメータでは、 SP のサブネットマスクのネットワークプレフィックス長を指定します( IPv6 を使用している場合)。

    • -gateway パラメータには 'SP のゲートウェイ IP アドレスを指定します

  2. 手順 1 を繰り返して、クラスタ内の残りのノードの SP ネットワークを設定します。

  3. 「– instance 」または「– field setup-status 」パラメータを指定した「 system service-processor network show 」コマンドを使用して、 SP ネットワーク設定を表示し、 SP のセットアップステータスを確認します。

    ノードの SP のセットアップステータスは、次のいずれかになります。

    • `not-setup — 未設定

    • 'ucceededed' — 設定が成功しました

    • in-progress — 設定中

    • failed — 設定に失敗しました

次の例では、ノードの SP を設定して IPv4 を使用し、 SP を有効化してから SP ネットワーク設定を表示して設定内容を確認します。

cluster1::> system service-processor network modify -node local
-address-family IPv4 -enable true -ip-address 192.168.123.98
-netmask 255.255.255.0 -gateway 192.168.123.1

cluster1::> system service-processor network show -instance -node local

                               Node: node1
                       Address Type: IPv4
                  Interface Enabled: true
                     Type of Device: SP
                             Status: online
                        Link Status: up
                        DHCP Status: none
                         IP Address: 192.168.123.98
                        MAC Address: ab:cd:ef:fe:ed:02
                            Netmask: 255.255.255.0
       Prefix Length of Subnet Mask: -
         Router Assigned IP Address: -
              Link Local IP Address: -
                 Gateway IP Address: 192.168.123.1
                  Time Last Updated: Thu Apr 10 17:02:13 UTC 2014
                        Subnet Name: -
Enable IPv6 Router Assigned Address: -
            SP Network Setup Status: succeeded
    SP Network Setup Failure Reason: -

1 entries were displayed.

cluster1::>