日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SP / BMC の自動ネットワーク設定を有効にします

寄稿者 netapp-barbe

SP ネットワークを手動で設定するよりも、自動ネットワーク設定を使用するように SP を設定することを推奨します。SP ネットワークの自動設定はクラスタ全体が対象なので、個々のノードの SP ネットワークを手動で管理する必要がありません。

注記

このタスクでは、 SP と BMC の両方を環境に設定します。

  • SP 自動ネットワーク設定には、クラスタ内に定義済みで、 SP ネットワークインターフェイスとリソースが競合しないサブネットを使用する必要があります。

    network subnet show コマンドを実行すると、クラスタのサブネット情報が表示されます。

    サブネットの関連付けを強制するパラメータ(「 network subnet 」コマンドの「 -force-update-lif-associations 」パラメータ)は、ネットワーク LIF でのみサポートされ、 SP ネットワークインターフェイスではサポートされません。

  • SP に IPv6 接続を設定する場合、 ONTAP に対して IPv6 が設定済みで、有効になっている必要があります。

    network options ipv6 show コマンドを使用すると、 ONTAP の現在の IPv6 設定が表示されます。

手順
  1. 「 system service-processor network auto-configuration enable 」コマンドを使用して、 SP で使用するサブネットの IPv4 または IPv6 アドレスファミリーと名前を指定します。

  2. 「 system service-processor network auto-configuration show 」コマンドを使用して、 SP の自動ネットワーク設定を表示します。

  3. その後クォーラム内のすべてのノードに対して SP IPv4 または IPv6 ネットワーク・インターフェイスを無効または有効にする場合は 'system service-processor network modify コマンドに -address-family [ipv4|ipv6 ] パラメータと -enable true|`false パラメータを使用します

    SP 自動ネットワーク設定が有効になっている場合、クォーラム内のノードの SP IP アドレスを変更することはできません。実行できるのは、 SP IPv4 または IPv6 ネットワークインターフェイスの有効化または無効化だけです。

    ノードがクォーラム外にある場合、ノードから「 system service-processor network modify 」を実行し、そのノードの SP 自動ネットワーク設定をオーバーライドすることを確認して、 SP の IP アドレスを含むノードの SP ネットワーク設定を変更できます。ただし、ノードがクォーラムに参加すると、指定したサブネットに基づいてノードに対して SP の自動再設定が実行されます。