日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イベントトリガー型 AutoSupport メッセージで送信されるファイル

寄稿者

イベントトリガー型 AutoSupport メッセージには、 AutoSupport でメッセージが生成される原因となったイベントに関連付けられたサブシステムからの基本情報とトラブルシューティング情報のみが含まれています。特定のデータは、ネットアップサポートおよびサポートパートナーによる問題のトラブルシューティングに役立ちます。

AutoSupport では、イベントトリガー型 AutoSupport メッセージの内容の制御に次の基準を使用します。

  • 含まれているサブシステム

    データは、ログファイルなどの共通サブシステムや、 RAID などの特定のサブシステムといったサブシステムにグループ化されます。各イベントは、特定のサブシステムのデータのみを含むメッセージをトリガーします。

  • 含まれている各サブシステムの詳細レベル

    含まれている各サブシステムのデータは、基本レベルまたはトラブルシューティングレベルで提供されます。

「 -instance 」パラメータを指定して「 system node AutoSupport trigger show 」コマンドを実行すると、可能なすべてのイベントを表示し、各イベントについてのメッセージに含まれているサブシステムを判別できます。

各イベントにデフォルトで含まれているサブシステムに加えて、基本レベルまたはトラブルシューティングレベルで「 system node AutoSupport trigger modify 」コマンドを使用してサブシステムを追加できます。