日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ヘルスアラートによる AutoSupport メッセージおよびイベントのトリガー方法

寄稿者 netapp-barbe

システムヘルスアラートは Event Management System ( EMS ;イベント管理システム)の AutoSupport メッセージとイベントをトリガーし、ヘルス監視システムを直接使用することに加え、 AutoSupport メッセージと EMS を使用してシステムのヘルスを監視できます。

アラートから 5 分以内に AutoSupport メッセージが送信されます。AutoSupport メッセージには、前の AutoSupport メッセージ以降に生成されたすべてのアラートが含まれます。ただし、同じリソースで前週に原因と同じであると考えられるアラートは除きます。

一部のアラートでは AutoSupport メッセージがトリガーされません。ヘルスポリシーで AutoSupport メッセージの送信が無効になっている場合は、アラートが発生しても AutoSupport メッセージがトリガーされません。たとえば、問題の発生時に AutoSupport ですでにメッセージが生成されているという理由で、ヘルスポリシーによってデフォルトで AutoSupport メッセージを無効にすることができます。「 system health policy definition modify 」コマンドを使用して、 AutoSupport メッセージをトリガーしないようにポリシーを設定できます。

「 system health AutoSupport trigger history show 」コマンドを使用すると、前週に送信されたアラートトリガー型 AutoSupport メッセージをすべて表示できます。

アラートは EMS へのイベントの生成もトリガーします。イベントは、アラートが作成されるたび、およびアラートがクリアされるたびに生成されます。