日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ヘルスモニタの仕組み

寄稿者

個々のヘルスモニタには、特定の条件に該当する場合にアラートをトリガーする一連のポリシーがあります。ヘルスモニタの仕組みを理解しておくと、問題に対応し、将来のアラートを制御するのに役立ちます。

ヘルスモニタは、次のコンポーネントで構成されています。

  • 特定のサブシステム用のヘルスモニタ。各ヘルスモニタには独自のヘルスステータスがあります

    たとえば、ストレージサブシステムにはノード接続ヘルスモニタがあります。

  • 個々のヘルスモニタのヘルスステータスを統合したシステム全体のヘルスモニタ

    1 つのサブシステムのステータスがデグレードになると、システム全体のステータスがデグレードになります。サブシステムにアラートがない場合、システム全体のステータスは OK です。

各ヘルスモニタは、次の主要な要素で構成されています。

  • ヘルスモニタが発生させる可能性があるアラート

    各アラートには、アラートの重大度や原因の可能性などの詳細が定義されています。

  • 各アラートをいつトリガーするかを特定するヘルスポリシー

    各ヘルスポリシーには、アラートをトリガーする正確な条件または変更であるルール式があります。

ヘルスモニタは、サブシステム内のリソースの条件または状態の変化を継続的に監視し、検証します。条件または状態の変化がヘルスポリシーのルール式に一致すると、ヘルスモニタはアラートを生成します。アラートにより、サブシステムのヘルスステータスおよびシステム全体のヘルスステータスがデグレードします。