日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ルートボリュームを新しいアグリゲートに再配置します

寄稿者

ルート交換用手順は、現在のルートアグリゲートをシステム停止なしで別のディスクセットに移行します。

ルートボリュームを再配置するには、ストレージフェイルオーバーを有効にする必要があります。フェイルオーバーを有効にするには、「 storage failover modify -node _nodename _enable true 」コマンドを使用します。

次のシナリオで、ルートボリュームの場所を新しいアグリゲートに変更できます。

  • ルートアグリゲートが希望するディスク上にない場合

  • ノードに接続されているディスクの配置を変更する場合

  • EOS ディスクシェルフを交換する場合

手順
  1. 権限レベルを advanced に設定します。

    「 * set -privilege advanced * 」のように指定します

  2. ルートアグリゲートを再配置します。

    system node migrate-root -node-nodename_-disklist — raid-type raid-type _type`

    • * -node *

      移行するルートアグリゲートを所有しているノードを指定します。

    • *-disklist *

      新しいルートアグリゲートを作成するディスクのリストを指定します。すべてのディスクはスペアであり、同じノードが所有している必要があります。必要なディスクの最小数は RAID タイプによって異なります。

    • * -raid-type *

      ルートアグリゲートの RAID タイプを指定します。デフォルト値は「 raid-dp 」です。

  3. ジョブの進捗状況を監視します。

    *job show -id_jobid__ -instance *

すべての事前確認が完了すると、ルートボリューム交換ジョブが開始されてコマンドが終了します。ノードが再起動するようにします。