日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E メールで送信される AutoSupport メッセージの構造

寄稿者

AutoSupport メッセージを E メールで送信すると、メッセージには標準的な件名、簡単な本文、およびデータが含まれた 7z ファイル形式の大きな添付ファイルが含められます。

注記

プライベートデータを非表示にするように AutoSupport が設定されている場合は、ヘッダー、件名、本文、添付ファイル内のホスト名などの特定の情報が省略されるか、マスクされます。

件名

AutoSupport メカニズムによって送信されたメッセージの件名行には、通知の理由を特定するテキスト文字列が含まれています。件名行の形式は次のとおりです。

HA グループ通知の送信元 _ システム _ 名前 _ ( _ メッセージ _ ) _ 重大度 _

  • System_Name は、 AutoSupport の設定に応じてホスト名またはシステム ID です

ボディ( Body )

AutoSupport メッセージの本文には、次の情報が含まれます。

  • メッセージの日付とタイムスタンプ

  • メッセージを生成したノード上の ONTAP のバージョン

  • メッセージを生成したノードのシステム ID 、シリアル番号、およびホスト名

  • AutoSupport シーケンス番号

  • SNMP の連絡先名と場所(指定されている場合)

  • HA パートナーノードのシステム ID とホスト名

添付ファイル

AutoSupport メッセージの重要な情報は、「 body.7z 」という 7z ファイルに圧縮されたファイルに含められ、メッセージに添付されます。

添付ファイルに含まれるファイルは、 AutoSupport メッセージのタイプに固有です。