日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

メッセージを受信しない場合は、 AutoSupport のトラブルシューティングを行います

寄稿者

システムから AutoSupport メッセージが送信されない場合は、 AutoSupport がメッセージを生成できないためであるか、配信できないためであるかを判別できます。

手順
  1. 「 system node AutoSupport history show 」コマンドを使用して、メッセージの配信ステータスを確認します。

  2. ステータスを読みます。

    このステータスです はい

    初期化中です

    収集プロセスが開始しています。この状態が一時的なものであれば問題はありません。ただし、この状態が解消されない場合は、問題が存在します。

    コレクション - 失敗しました

    AutoSupport は、スプールディレクトリに AutoSupport コンテンツを作成できません。AutoSupport が収集しようとしているものを表示するには、「 system node AutoSupport history show -detail 」コマンドを入力します。

    収集を実行中です

    AutoSupport は AutoSupport コンテンツを収集しています。「 system node AutoSupport manifest show 」コマンドを入力すると、収集している AutoSupport を表示できます。

    キューに登録され

    AutoSupport メッセージは配信のためにキューに登録されますが、まだ配信されていません。

    送信中です

    AutoSupport は現在メッセージを配信しています。

    Sent - 成功しました

    AutoSupport がメッセージを正常に配信しました。「 system node AutoSupport history show -delivery 」コマンドを入力すると、 AutoSupport がメッセージを配信した場所を確認できます。

    無視します

    AutoSupport にメッセージの送信先がありません。配信の詳細を表示するには、「 system node AutoSupport history show -delivery 」コマンドを入力します。

    再キューイングされました

    AutoSupport はメッセージの配信を試みましたが、失敗しました。その結果、 AutoSupport は別の試行のためにメッセージを配信キューに戻しました。このエラーを表示するには、「 system node AutoSupport history show 」コマンドを入力します。

    トランスミッション - 不合格

    AutoSupport は、指定された回数メッセージの配信に失敗し、メッセージ配信の試行を停止しました。このエラーを表示するには、「 system node AutoSupport history show 」コマンドを入力します。

    OnDemand - 無視されます

    AutoSupport メッセージは正常に処理されましたが、 AutoSupport OnDemand サービスによって無視されました。

  3. 次のいずれかを実行します。

    をクリックします 手順

    initializing または collection-failed

    AutoSupport でメッセージを生成できないため、テクニカルサポートにお問い合わせください。

    ignore 、 re-queued 、または transmission failed のいずれかです

    AutoSupport はメッセージを配信できないため、 SMTP 、 HTTP 、または HTTPS のデスティネーションが正しく設定されていることを確認します。