日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport サブシステムのトラブルシューティングを行います

寄稿者

「 system node check show 」コマンドを使用すると、 AutoSupport の設定と配信に関連する問題の検証とトラブルシューティングを行うことができます。

ステップ
  1. 次のコマンドを使用して、 AutoSupport サブシステムのステータスを表示します。

    使用するコマンド 作業

    「 * system node AutoSupport check show * 」と表示されます

    AutoSupport HTTP または HTTPS デスティネーション、 AutoSupport SMTP デスティネーション、 AutoSupport OnDemand サーバ、 AutoSupport 設定など、 AutoSupport サブシステムの全体的なステータスを表示します

    「 * system node AutoSupport check show-sdetails * 」のように表示されます

    エラーの詳細な説明や対処方法など、 AutoSupport サブシステムの詳細なステータスを表示する