日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport メッセージの種類とその内容

寄稿者

AutoSupport メッセージには、サポートされているサブシステムに関するステータス情報が含まれていAutoSupport メッセージの内容を把握しておくと、 E メールで受信したメッセージまたは Active IQ (旧 My AutoSupport ) Web サイトに表示されたメッセージを解釈したり、応答したりするときに役立ちます。

メッセージのタイプ メッセージに含まれるデータのタイプ

イベントトリガー型

イベントが発生した特定のサブシステムに関するコンテキスト依存データが含まれるファイル

毎日

ログファイル

パフォーマンス

過去 24 時間以内にサンプリングされたパフォーマンスデータ

毎週

設定データおよびステータスデータ

「 system node AutoSupport invoke 」コマンドによってトリガーされます

「 -type 」パラメータに指定した値によって異なります。

  • 「 test 」は、いくつかの基本データを含むユーザトリガー型メッセージを送信します。

    また、テクニカル・サポートからの自動応答メールが、「 -to 」オプションを使用して指定した E メール・アドレスに送信されるため、 AutoSupport メッセージが受信されていることを確認できます。

  • 「 performance 」はパフォーマンスデータを送信します。

  • 'all' は ' 各サブシステムからのトラブルシューティング・データを含む ' 週次メッセージと同様の完全なデータ・セットを含む ' ユーザー・トリガー・メッセージを送信します

    通常、テクニカルサポートからはこのメッセージが要求されます。

「 system node AutoSupport invoke-core-upload 」コマンドによってトリガーされます

ノードのコアダンプファイル

「 system node AutoSupport invoke-performance-archive 」コマンドによってトリガーされます

指定された期間のパフォーマンスアーカイブファイル

AutoSupport OnDemand によってトリガーされます

AutoSupport OnDemand では、新しいメッセージまたは過去のメッセージを要求できます。

  • 新しいメッセージは、 AutoSupport コレクションのタイプに応じて、「 test 」、「 all 」、または「 performance 」のいずれかになります。

  • 過去のメッセージは、再送信されるメッセージの種類によって異なります。

AutoSupport OnDemand では、ネットアップサポートサイトに次のファイルをアップロードする新しいメッセージを要求できます "mysupport.netapp.com"

  • コアダンプ

  • パフォーマンスアーカイブ