日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVMs のタイプ

寄稿者

クラスタは、クラスタとそのリソースの管理、およびクライアントとアプリケーションへのデータアクセスを支援する 4 種類の SVM で構成されます。

クラスタには、次の種類の SVM が含まれます。

  • 管理 SVM

    クラスタのセットアッププロセスでは、クラスタ用の管理 SVM が自動的に作成されます。管理 SVM はクラスタを表します。

  • ノード SVM

    ノード SVM は、ノードがクラスタに追加されると作成され、ノード SVM はクラスタの個別のノードを表します。

  • システム SVM (アドバンスト)

    システム SVM は、クラスタレベルの通信用に IPspace 内に自動的に作成されます。

  • データ SVM

    データ SVM は SVM を提供するデータを表します。クラスタのセットアップ後、クラスタ管理者はデータ SVM を作成し、作成した SVM にボリュームを追加して、クラスタからのデータアクセスを可能にする必要があります。

    クラスタがクライアントにデータを提供するためには、少なくとも 1 つのデータ SVM が必要です。

注記

特に指定がないかぎり、 SVM という用語はデータ(データ提供用) SVM を指します。

CLI では、 SVM は Vserver と表示されます。